楽しんで充実感が味わえるお仕事に、孫達に見つけて欲しいのです。

障害者の職場では、仕事を続けるにもやはり職員さんに障害の症状を理解して頂く事が、大切と思います。

職場では、働く事が出来るけれども、人により軽度の病気の症状から色々なご病気の種類をもつ人がいます。

精神の障害と、身体の障害の人が同じ職場にいるものです。
国からの障害者への補助金がなくなった為に、今までよりもより積極的なお仕事内容をこなさないといけないのです。
障害者も、自分で頑張ってお仕事をりょうをこなす必要性が大切となっています。

その為に、施設外就労でお給料を頂くお仕事のりょうをする事が大切です。
例えば、A型就労継続支援事業等は4時間の勤務がふつうですが、施設外では5時間のお仕事に増える事もあります。

私は今のお仕事が身体に精一杯で、最後のお仕事の種類となると思います。

孫達には、楽しんで出来て充実感を味わえるお仕事に就いて欲しいと、まだまだはやいものですが、今から私は願う事です。
学生の本文は、お勉強となる時には、少しでも多くの欲をだして頑張って欲しいのです。ベルタ葉酸 市販