自然と観光は密接で、人と一緒に生きているのです

私は自然を見ながら散歩することが大好きです。
特に花の季節に出かけると気分がウキウキします。
人は自然と共生しています、自然に生かされていると言っても過言ではないと感じます。

例えば、観光地です。
花の季節になると、花を見に訪れる観光客が増えます。
見所が多ければ、宿泊してくれる方もいますし、その土地を気に入って移住する方、別荘を買う方もいるでしょう。
その地域に滞在すればその周辺で買い物もしますから、これだけで観光収入となり、地域活性に繋がります。

収入面だけでなく、地域住民も花の手入れをしたりして、自然への意識が高まることにより、自然との一体感や開花時の達成感を得ることができます。
特に高齢の方には、自然の恩恵が生きがいになるのではないかと、勝手に思っています。

私は散歩以外にも、川や湖で釣りを楽しむことが好きです。
釣りも自然から戴く、立派な観光資源です。
この楽しむ時間を提供するために稚鮎や鮎の成魚を育て、放流する漁協の人たちがいます。
自然と魚を育てる人が両方あって、この観光が成立し、周囲にも経済効果をもたらします。

自然と観光は密接で、人と一緒に生きているのです。脱毛 鼻下

子どもたちのハロウィン衣装に毎年悩んでしまう

わたしが子どもの頃にはハロウィンのイベントなんて
英会話を習ってる子とか
海外のお友達がいる子にしか関係のないイベントだったけど
いつからか
夏が終わると
ハロウィンイベントが定着してきた日本。

もう100均はオレンジ一色の店内。
都会には出てないから
わからないけれど
都会ももうハロウィンムードなのかな。

ご近所さんでハロウィンパーティーをしたり
テーマパークへ行ったりで
我が家でも9月後半〜10月いっぱいはハロウィンばかり。

ママたちは小物でちょっとハロウィンっぽさを出す程度だけれど
子どもたちのハロウィン衣装には毎年悩んでしまう。
気合いも入ってしまう。

親であるわたしは
お財布問題もあるので(笑)
来年も着られるように…と
定番物をチョイスしてみたり
大きめサイズをチョイスしたりで工夫している。

子どもは決まって
毎年違う物をチョイスしたがる。

そして出来るだけ子どもたちの
リクエストに応えてあげたいと思い気持ちもある。

難しいもんだ。

うちの子
今年は猫になりたいそうだ!